参議院議員会館において記者会見を開催

活動報告

6月15日(水)、通常国会会期末に合わせ、参議院議員会館において記者会見を開催しました。
本年2月1日に衆議院において「新疆ウイグル等における深刻な人権状況に対する決議」いわゆる対中非難決議が成立しましたが、それから4ヶ月半もの月日が経つにもかかわらず参議院においては成立しないまま遂に通常国会は閉会となってしまいました。これは大変異常な状況だと批判せざるを得ません。

チベット、ウイグル、南モンゴル、香港(メッセージ代読)、臓器収奪問題の各代表者とともに記者会見を開き、私はいつものように司会進行を務めました。

【登壇者】
1、チベット:アリヤ・ツェワン・ギャルポ(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 代表、博士)
2、ウイグル:グリスタン・エズズ(在日ウイグル人 人権活動家)
3、南モンゴル:ゴブルド・アルチャ(南モンゴル クリルタイ 幹事長、博士)
4、南モンゴル:ダルハド・ハスチョロ(世界モンゴル人連盟 社会政治部)
5、香港:ウィリアム・リー(香港民主活動家、Stand with HK@JPN)※メッセージ代読
6、臓器収奪問題:根本ゆきお(中国における臓器移植を考える会(S・M・Gネットワーク))
7、三浦小太郎(アジア自由民主連帯協議会 事務局長)
8、長尾敬(前衆議院議員、チベット議連 前事務局長、ウイグル議連 前事務局長)
【司会・進行】
石井英俊(インド太平洋人権問題連絡協議会 事務局長、自由インド太平洋連盟 副会長)

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所ホームページ
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所ホームページ

【動画・報道】
Sankei News:「新疆ウイグル等における深刻な人権状況に対する国会決議」が参議院で成立せず、記者会見
世界日報:対中非難決議採択なく「失望」
長尾たかしチャンネル:人権状況決議では成果とは言えない!国会閉会 今年も対中人権侵害非難決議採択出来なかった・長尾たかしの主張。
randomyoko2:#対中非難決議 を求める緊急記者会見(参議院会館)
【ツイッター】
@randomyoko

2022年6月15日

コメント

タイトルとURLをコピーしました