プロフィール

プロフィール

石井英俊(いしい・ひでとし)

国際戦略家
特定非営利活動法人 夢・大アジア 理事長
自由インド太平洋連盟 準備委員会 日本代表

経歴

昭和51年(1976年)、福岡市生まれ。

九州大学経済学部経済学科卒業。

経済団体職員などを経て、2016年日本のこころを大切にする党公認候補として参議院議員選挙に立候補。日本のこころ中山恭子代表(参議院議員、元拉致問題担当大臣)が希望の党結党に参画したのに伴い、2018年希望の党公認候補として衆議院議員選挙に立候補。

アジア少数民族問題の専門家として、国内外に様々なネットワークを構築し、独自の情報を発信している。

2011年には特定非営利活動法人夢・大アジアを結成し、理事長に就任。2014年から『夢・大アジア』創刊号〜第3号を相次いで発刊し、アジア問題に特化した雑誌として話題を呼んだ。

また、2016年、39年ぶりのミャンマーからの戦没者ご遺骨帰国に際しては、厚生労働省の派遣団に同行。ミャンマー少数民族地域での調査にも参画している。

現在は、月刊『正論』やネットメディアなどへの寄稿、講演活動などを行っている。

主な論考

「香港にも慰安婦像が建っている理由」 月刊『正論』2017年10月号
「香港にまで「独立派」が台頭してきている現状」 『ジャパニズム』39号
「香港独立派・陳浩天インタビュー」 月刊『正論』2018年4月号

share

Follow